2013年05月23日

外れ馬券訴訟、継続的な行為として雑所得に該当し、外れ馬券の必要経費を認める判決

馬券購入行為から生じた所得は,原則として,一時所得に該当するが,本件の馬券購入行為については,回数,金額が極めて多数,多額に達しており,その態様も機械的,網羅的なものであること等から,これにより生じた所得は雑所得に該当し,外れ馬券を含めた全馬券の購入費用等が必要経費に当たると、大阪地方裁判所第12刑事部は、5月23日判決を下しました。
裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

2013年05月その他のエントリー

  1. 2013年05月01日

    1. 5月の税務